FC2ブログ







第2節 対 天理大学戦レヴュー

みなさんこんにちは
季節の変わり目、気温の変化、乾燥した空気、みなさんは風邪などひいていませんか?
私は昨夜から風邪をひいてしまい鼻水垂れ流し状態です疲れが出たのでしょうかトホホ・・・。

さて、昨日行われました関西大学ラグビーリーグ戦 第2節 対天理大学戦のレヴューです。

前日の練習では、開幕戦とは違い、非常にリラックスしたムードの中、精度の高い練習が出来ました。
少しミスがあったのが気になりましたが・・・。
前日前田タックル


練習終了後、ジャージ授与式、そして山田キャプテンの決意表明。「俺が在学中は天理に1度も勝っていない。絶対勝とう!勝ってみんなでもう一度あの感動を共に!」と熱い決意!
山田キャプテン抱負

体を張ってFWを牽引する山本幸輝バイスキャプテン。
前日こうきの決意

「とにかくFWで圧倒し、勝利しよう!」と闘志メラメラ。

先週の開幕戦とは少し違う緊張感の中就寝
が、やっぱり寝れなかった

早朝、ゲン担ぎに、またまた住吉大社までジョギングし、境内にある神様と言う神様に必勝祈願!
住吉大社では小さな応援団が近大の勝利を願ってくれました
近大応援団イン住吉大社JPG

グラウンドに到着後、ドレッシングルームではみな一様にリラックスしていました。
しかし、アップが始まると、そのリラックスムードもどこへやら。
質の高い、気合の入ったアップになりました。
アップFW
アップBK

そして、いよいよ試合開始。
試合前挨拶

キックオフからわずか1分で先制トライを奪われ、リズムとペースが乱れ、その後も大きくパスを回されトライされ12点を献上。
しかし、ペナルティから3点返し、後半26分にはNo8木邨のスクラムサイド攻撃からトライ!!!
前半8-12で折り返す。

前半終了

前半はハンドリングエラーと判断ミスが目立ち、本来の自分たちのプレーが出来なかった。
そこが、王者天理の強さかも知れない。

後半、なんとかリズムに乗り、自分たちの攻めをしたいが防戦一方になり、その疲れから失点。
外国人を上手く使い、時には大きく横に、時にはスピードある縦と、そつのない攻めでやられた。

結果は8-31でノーサイド。
フルタイム

結果論だが、最初のトライと最後のトライは余計な失点だった。

しかしながら、ディフェンスのシステムと個々の強さは目覚ましく成長しており、次節 対立命館大学戦では必ず勝利してくれると確信の持てる試合でした。

FWを常に鼓舞し続け、牽引してくれた山本幸輝バイスキャプテン。
どんだけスクラム押すねん

外国人にも臆することなく強烈なタックルであおむけに倒す3年湯川紘平。
どんだけタックル行くねん

どれだけタックルされても倒れずに前へ突き進む!2年小林広人
どんだけ体幹強いねん

彼らだけではなく全体のレベルが確実に上がってきている近大ラグビー部。

まだ、2戦終わったばかり。残り5戦、目先の1戦1戦を勝ち進んで行きましょう。

終了後、早くも問題点や修正点を全員で共有する。
終了後課題を指摘


今回も応援に来ていただいたOB、父母、後援会、学校関係者、関係者の皆さま、熱い声援ありがとうございました

次節、京都宝が池球技場での立命館大学との試合も熱い応援よろしくお願いします。

近大ラグビー部の熱い戦いに目が離せない!!!!

コンディショニング アドバイザー 井ノ口泰弘
スポンサーサイト



[ 2012/10/15 14:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kurfcob.blog.fc2.com/tb.php/128-41113908