fc2ブログ







関西大学ラグビーリーグ戦最終節関西学院大学戦レヴュー

みなさんこんにちは
日に日に寒くなり、もう明後日からは12月ですね
一年の月日のたつのは本当に早いものですね

さて、関西大学ラグビーリーグ戦最終節 関西学院大学戦のレヴューです。

みなさんもご存じのとおりこの決戦に勝てば大学選手権を2試合ホームで出来ることになり、地の利を生かす事が出来るので、前日から選手、スタッフは気合の入り方が違いました。

試合当日、いつものようにリラックスしたドレッシングルーム。選手達はいつもと変わりませんでした。
毎回、試合に帯同してテーピングを施してくれる金トレーナー
リギョンサポート


今回、試合会場にはたくさんのOBと関係者、そして最強の助っ人近畿大学応援団部が
応援に来てくれました。
日本一の近大応援団

アップもミスもなくとてもよかったです。
アップFW
アップBK


いつものように大声で校歌を斉唱し、いざキックオフ!
校歌斉唱JPG

序盤から猛攻を仕掛け、アッと言う間に2トライし14-0でリード。

それで気が緩んだわけではないが関学も息を吹き返し2トライ奪われ14-14の同点で前半終了。
監督、コーチから修正点を聞きいざ後半へ。
ハーフタイム

後半先に得点したのは関学。トライを奪われ21-14になったが、ルーキー藤井がPGを決め21-17と詰め寄るが、ペナルティを獲得した後のキックが出ずにカウンターされ追加点を奪われる。
アクシデント(センター小林、FB上野、WTB山田の怪我で退場)もあり一気に関学が攻め込みあれよあれよという間に62-17と大差での敗戦になった。
終了


今まで選手達はよく頑張ってくれたが、こういう状況下の経験がなかった為、若さが露呈し焦りと選手間のコミニュケーションが機能しなくなりチームがばらばらになってしまった。

私はグラウンドレベルでサポートしており、選手達を鼓舞する役割も担っているが、バラバラになったチームを鼓舞し一つにしてやることが出来なかった事に深く責任を感じています。

もう一つは、こういう状況下では2009年度キャプテン 現サニックスブルース野田忠のような強烈なリーダーシップが必要であり、折れない心と諦めない気持ち、そして何より選手自身の熱量だと思います。

選手諸君、熱くなれ!!

近畿大学体育会ラグビー部として、また関西大学ラグビーの代表としてのプライドを持って大学選手権を闘おう!!

見る者すべてを感動させる、気持ちの切れることのない熱い試合をやろう!
君たちなら必ず出来る!

もう一度チーム一丸で!!
全員集合


今回、応援に来ていただいたOB、父母、後援会、ラグビー関係者、大学関係者の皆様、本当にありがとうございました。
大学選手権でも変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。

全国大学ラグビー選手権開幕戦 東京秩父宮にて東海大学との一戦に向けしっかりとトレーニングしたいと思います!

コンディショニング アドバイザー 井ノ口泰弘
スポンサーサイト



[ 2012/11/29 10:59 ] ラグビー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kurfcob.blog.fc2.com/tb.php/146-f767d95c